厚手ターポリン

横断幕・垂れ幕・応援幕印刷 900mm×9000mm 【防炎ラベル対応】

厚手ターポリン印刷 900mm×9000mm
屋内/屋外OK【厚手410ミクロン】つや無し
弊社で取り扱っている通常ターポリンの中で1番厚みのあるターポリン。屋外や長期で使用される方にオススメです。大きめのタペストリーにし店先に設置すれば日除けとしても使っていただけます。※遮光というわけではありません。横断幕や看板として使用する場合は四辺を補強する別途オプションもあわせてオススメしております。
主な用途:横断幕/養生幕/懸垂幕/ビル幕/工事現場/屋外/長期常設/移動販売/イベント など
素材:ポリエステル素材
印刷方法:溶剤インクジェット

47,200円(税抜) 51,920円(税込)

数量

縫製加工オプション

5,940円

縫製する事で強度とハリを出します。
屋外での使用や長期の使用には欠かせません!

※購入前に必ずこちらの注意事項をご覧ください!

おススメ加工
  • データ確定とは、入稿データ+サイズ、ハトメ位置等の仕様詳細まで決定した状態を指します。加工等確認事項メール・電話のお返事がいただけない際の納期保証は致しかねます。
  • 14時以降のデータ確定で翌営業日発送ご希望のお客様は「特急料金」をご注文くださいませ。
厚手ターポリンについてよくあるご質問
Q1:遮光ですか?
A:恐れ入ります、幕夫さんのターポリンは遮光ではございません。
ですが、店先で日よけとして使用していただいているお客様もいらっしゃいます。タペストリー加工をすれば上下にポールとヒモがついているので簡単に設置出来ますよ。
Q2:四角以外にカットできますか?
A:基本的には可能でございます。直線的なもの(三角形など)であれば定規とカッターでカットいたします。曲線的なもの(円形など)は簡単な形であれば弊社でもカット可能でございます。ただしハサミでのカットとなるため直線的なカットよりもズレが少し大きくなるかもしれません。予めご了承くださいませ。またハサミでカット可能なのであまりにも細かいものなどはお客様の方でカットをお願いする場合がございます。
Q3:厚手ターポリンで足場シートは作れますか?
A:もちろん制作可能でございます。少し前まではメッシュターポリンで作られているものが多かったですが、最近では厚手ターポリンで制作される方も増えてきました。足場シートとして使用されるのであれば四辺補強のための縫製加工は必須といっていいぐらいあわせてのご注文をオススメいたします。
Q4:横断幕と懸垂幕の違いってなんですか?
A:一般的に横長のものを「横断幕」、縦長のものを「懸垂幕」といっているだけで物自体に違いはございません。どちらも基本的にはターポリンで制作されています。
Q5:重さはどのぐらいですか?
A:1平方メートルあたり約528グラムになるので2400mm幅×1mだと約1,320グラムになります。女性でも持てる重さですね♪
タぺストーリーのターポリン印刷は 屋外広告専用の大型機械で印刷しています。
新開発のプリントヘッドを使用
高速印刷を実現する新開発のプリントヘッドを採用しているので、高密度プリントとインクの高い着弾精度が可能になりました。
これによりきめ細やかな高画質印刷を実現します。
速乾インクで短納期
印刷に使用しているインクは速乾性に優れているので、従来の印刷機に比べて素早く印刷することが可能です。
抜群のインクの速乾性により印刷・加工・発送とスピーディーに行えます。
これにより短納期でのお客様への発送を行っております。
濃度に合わせてドットサイズ調整
印刷する目標濃度に応じてインクのドットサイズをコントロールすることにより、深いシャドウ品質と、なめらかなハイライト品質を両立します。
鮮やかなグラデーションやきめ細かな肌の質感など、色彩豊かな横断幕をお届け致します。
お問い合わせお問い合わせ